TEL: 097-569-4182

祭典・御祈願

御祈願のご案内​

正式参拝(殿内にてお祓いを受けて、玉串を捧げていただきます)

人生礼儀(人生における節目のお参りです)

・初宮参り ・七五三参り ・成人参り ・寿参り(喜寿・米寿・卒寿など) 
・厄払い ・神前結婚式

諸祈願

・車祓(交通安全祈願) ・安産祈願(戌の日参り) ・病気平癒 ・禍事祓 
・家内安全祈願 ・合格祈願 ・必勝祈願 ・学業成就祈願 ・商売繁盛祈願 
・社運隆昌祈願 ・年頭祈願(企業・一般) ・心願成就祈願 ・憑き物落とし祈願 
・金神除(方除け)

出張祭典(神殿以外での祈願です)

・起工式 ・地鎮祭 ・上棟祭 ・竣工式 ・水神上 ・その他

神葬祭

祭典のご案内

式年祭

●御神衣祭(かんみそまつり)

特殊神事で33年目ごとの例祭の日に行なわれます。祭神の神衣を新調して納める式年大祭です。

●神幸大祭(御神幸祭)

3年目ごとに行なわれます。

毎月一回

●月次祭 (毎月1日)

月ごとにお参りいただく参拝者を始め、国民全ての人々が安寧に生活できますことを祈願するお祭りです。拝殿にて玉串を捧げてお参りできます。(詳細は社務所までご連絡ください

年間の主なる祭典

一月

元旦祭(1月1日)

二月

厄除星祭 (2月1日・2日・3日)

三月

祈年祭 (3月15日)

本宮春祭 (3月20日)

四月

例祭 (4月15日)

五月

ふじまつり (5月3日-5日) 神殿祭、育木祭、慰霊祭、水神祭、勧学祭

六月

大祓 (6月30日)

七月

夏越祭 (7月最終日曜)

十月

本宮秋祭 (10月20日)

十一月

新嘗祭 (11月23日)

祈年祭にて願った秋の収穫が実り多く、産業が進んだことに感謝を伝え、次の年も豊作で国内の人々が豊かに生活できるよう祈願するお祭りです。

十二月

大祓、除夜祭、古守札焼納祭 (12月31日)

皇記2679年

平成31年 厄年表

※年齢は数え年表記です。

男性
前厄本厄後厄
24
平成8年生れ
子年(ねずみ)
25
平成7年生れ
亥年(いのしし)
26
平成6年生れ
戌年(いぬ)
41
昭和54年生れ
未年(ひつじ)
42
昭和53年生れ
午年(うま)
43
昭和52年生れ
巳年(へび)
62
昭和33年生れ
子年(ねずみ)
61
昭和34年生れ
亥年(いのしし)
60
昭和35年生れ
戌年(いぬ)
女性
前厄本厄後厄
18
平成14年生れ
午年(うま)
19
平成13年生れ
巳年(へび)
20
平成12年生れ
辰年(たつ)
32
昭和63年生れ
辰年(たつ)
33
昭和62年生れ
卯年(うさぎ)
34
昭和61年生れ
寅年(とら)
36
昭和59年生れ
子年(ねずみ)
37
昭和58年生れ
亥年(いのしし)
38
昭和57年生れ
戌年(いぬ)
60
昭和35年生れ
子年(ねずみ)
61
昭和34年生れ
亥年(いのしし)
62
昭和33年生れ
戌年(いぬ)

平成31年 祝寿年表

※年齢は数え年表記です。

還暦 61
<赤> 昭和34年生れ
緑寿 66
<緑> 昭和29年生れ
古希 70
<紫> 昭和25年生れ
喜寿 77
<紫> 昭和18年生れ
傘寿 80
<黄> 昭和15年生れ
半寿 81
<黄> 昭和14年生れ
米寿 88
<黄> 昭和 7年生れ
卒寿 90
<黄> 昭和 5年生れ
白寿 99
<白> 大正10年生れ
上寿 100歳以上
<無> 大正 9年生れ

※100歳以上は毎年お祝いいたします。

平成31年
八方塞がり(方位除け)早見表

人は生年月日により、九つの星「九星」に分けられ、運勢を考えられる基本となっています。自身の運勢が中央(八方塞)・北・東北・南西に当たる年は運気が下がり災いが身に降りかかりやすくなるといわれています。

特に九年に一度訪れる八方塞の年は方位除けの御祈願をして一年の除災招福をお祈りしましょう。

八方塞がり
八泊土星
昭和4年生れ 91
昭和13年生れ 82
昭和22年生れ 73
昭和31年生れ 64
昭和40年生れ 55
昭和49年生れ 46
昭和58年生れ 37
平成4年生れ 28
平成13年生れ 19
平成22年生れ 10
平成31年生れ 1

豊後一ノ宮 西寒多神社 大分県大分市寒田1644番地 TEL: 097-569-4182

Copyright (C) 2019 sasamutajinja. All Rights Reserved.